タグ:学校生活 ( 89 ) タグの人気記事

運動会

d0010449_1136471.gif

週末は、日本語補習校の運動会でした。
カリフォルニアの青い空、カラッとした天気に恵まれてまさに運動会日和っ!

なんと私も玉入れに参加したのだよ~。
小学生の時以来よ~、結構ムズカシイ。。。(^^;
でもお母さん同士で、「がんばりましょうねっ!!」「やったー♪」とか言っちゃって盛り上がってました♪結構楽しいもんだねー。
でもさ、芝生の上なので、足が引っかかって転ばないかヒヤヒヤもの。
子供たちはよく走れるなぁと感心したりして。
パパなんて、お友達パパと揃って保護者OBの全3種目に出場したんだよ。。。
「おまえんちの息子より出てるだろ」って知り合いに言われたそうです。確かに。(笑)

肝心の息子は、大玉ころがし、綱引き、リレーに出場。
張り切ってたリレーは、抜かしはしなかったけど、大幅に遅れていたのにつめることに成功♪かっこいいぞ~っ!!(←わはは(笑)、親バカだな~^^)


ラジオ体操に、楽しい音楽、紅白それぞれの声援、家族の声援と現地校のフィールドデイにはない雰囲気。子供たち、これぞ正しい日本の運動会なんだよ~。
ただ、フィールドが芝生だし、保護者もパラソルにピクニックテーブルがほとんどなので、そこが日本とは違うかも?
(強い陽射しなので、パラソルがないとキツイのです。)
子供は学校の大きなテントの下、私もお友達の大きなテントに入れてもらって、気持ちよいし、おしゃべりは楽しいし、、ふふふ。
(いつもお世話になります。ありがとう~。)

運動会、家族揃って楽しませていただきました。
関係者の方、ありがとうございます。
あ、でもお弁当作るのは大変なので、年に一度で充分です。ハイ。


PS.運動会の後は、サッカーの試合だったの。
元気に走る息子を尻目に、パラソルの下でグッタリしてる両親でありました。



※写真はお子さんたちが写っているので、顔がわからないように小さ~~くね。
[PR]
by sevi_y | 2007-06-06 11:36 | 学校・子供の日常

フィールドトリップでテック・ミュージアムへ

先日は、子供の遠足の付き添いに行ってきました。
テックミュージアムという、まぁ、いわゆる科学博物館です。

いやぁ子供たち、元気なこと元気なこと。
いつ電池が切れるのかなぁと思っていましたら、学校に戻る2時過ぎまでずーーーっとハイテンション。うちの息子なんてその後、日本語補習校に行き3時間のお勉強と遊びいっぱいの休憩時間を過ごし、さらに帰ってきてからも近所のお友達とチャリンコ暴走族として1時間、、、夜8時過ぎまで明るいので、ぜーんぜん帰ってきませんでした。電池切れしないんですヨ。ハイ。腹は減ったそうですが、、、

私はと言うと、もうミュージアム1時間で挫折。。イスを見つけちゃぁ座ってました。(><)
でもどうやらラクなメンバーだったようです。「ここにいるからネ」と言っておけば見える範囲で皆遊んでくれてましたもの。

メンバー構成によっては、「○○~、どこ~?」とずーーーーっとどっかに行っちゃった子供を捜しているお母さんがいたり、、、
(こないだの付き添いのときはその子の担当だったんで、その苦労よーくわかります)
おまけに最後の集合に来ないからどうしたかと思ったら、今度は違う子を探してました。可哀相に。。。(涙)

なぜか1人でフラフラしているお母さんも。
「どうしたの?子供は?」と聞いたら、
「みーーんなどっか行っちゃったわよ。このフロアのどこかにいるはず。」だそうで。(^^;

えぇ、子供たち、糸の切れた凧のように、あっちゅー間にどっか行っちゃうんですねー。
それはもう目を離した一瞬の隙です。もう強風の中であげた凧だと思って。
もしくはクモの子を散らすってやつだわね。バラバラな方向に進むのはやめれー。

え?先生?
先生は要所要所でまとめてくれますが、フリータイムはボランティアの親たちに任せて、自分も列に並んで遊んでました。マジで楽しそうだったわ(^^;

どれもおもしろかったんだけど、特におもしろかったのは、「スパイ基地」と「自分でデザインしたジェットコースターに乗る」ってやつだったようです。

さすがに腰がちょっと痛い。。。トシだなぁ。
まぁ、若い子に囲まれて、元気一杯のエナジーを吸収できたと思おう。
(熱気に当てられただけ?吸い取られた?え?)

帰ってきた息子に渡されたのは、各メンバーからのサンキューカード。
一人一人が、いろいろ書いてくれていた。なんかイッキに嬉しくなったぞー♪


しかし、あぁ、今週はまだ真ん中かぁ。週末はサッカーの試合と運動会だ。
早く夏休みこないかな~。
夏休みまで、あと2週間なんだ。のんびりしたーーい♪
[PR]
by sevi_y | 2007-05-31 15:11 | 学校・子供の日常

カーメル・ミッション inカリフォルニア

d0010449_3362854.gif

慌しい毎日でありましたが、今月は、花いっぱいの月でもありました。
車であっちこっち走っていると、道路脇には、菜の花を皮切りに、ピンクのプラムやアーモンドの花、今は、ちょっと白っぽい桜とピンクの桃、紫のライラックが咲き出して、とても綺麗です。
カリフォルニアの青空には、菜の花の黄色や、プラムやアーモンドのピンクがよく似合う。


そんな中、カーメルのミッションに行って来ました。
カリフォルニアの4年生は、社会科でミッションを歴史の一環として勉強するのです。
”学ぶ”ったって、本で覚えるだけじゃないのよ~~。
学校でも習って、遠足で行ったり、ライブラリーの本を読んだりするし、家族で行ってレポートを書いたり、模型や、写真で紹介するプロジェクトもあるのよ~。レポートとプロジェクトはもちろん宿題で、成績がつくの。ライブラリーに行ったら、そのためのコーナーまでで~んとありました。(遅く行くと棚は空っぽです。)

えぇ、家族総出の宿題です。
よって、カリフォルニアで4年生を持つ親たちは、合言葉のように「ミッションどこになった?」と、この時期は話すわけです。「恐るべしミッション!」なのだ。

で、うちの割り当てはカーメルのミッションだったので、えぇ、行ってまいりましたともっ!
(近くでよかった~)

ミッションってのは(続きを読む)、、、
[PR]
by sevi_y | 2007-03-21 03:36 | 学校・子供の日常

アメリカのバレンタイン XOXO

d0010449_1283672.gif


2月14日はバレンタインでした。
日本では、女の子が好きな男の子に「愛してます。」って意味でチョコをあげる日だよね。
(最近は、義理チョコ、友チョコ、自分チョコもポピュラーになってきたけどさ)
アメリカでは、男性から愛する女性に花束とチョコをあげる日なんですよ。
道路を車で走れば、あちこちの道端で赤いバラや赤い派手な風船を売ってる店が出ているし、お店に入れば入ったで、男性達がこぞってバラ買ってるしねぇ。
ふふふ、うちはどうかって? それはナイショ♪

でもって、子供たちは、「学校でクラスメイトとカード交換をする日」なんですねぇ。
スーパーでは、32枚入りカードなんぞも売っています。で、そのカードにチョコ一個とか、アメ一個をホッチキスやテープでとめて、学校に持って行くの。(うちは私が夜なべでやりましたぜ。。。)
学校では授業時間にパーティをやって交換会。クラスで、1人ずつが自分の紙袋をかわいく飾り付けて、それぞれ自分のチョコをその紙袋に配って歩くのだそうです。(「あげる」ではなく、「配る」と息子が言うんだけど、確かにそんな感じよ~。)
で、その後はゲームしたり、そのお菓子を食べるだけ。
今回は、カードを切り離して組み立てるとアメフトゲームができるというカードを持たせたんだけど、大好評だったそうで、息子は大喜び。

もらうほうもたくさん頂いてきました。もちろん、息子にとっては「誰から」ってのは、ぜーんぜん関係なくって、「何のお菓子か」が一大事なんだけど(笑)

でもね、でもね、今回は、なんだかしっかりしたカードを頂いちゃったのよ。
コレ→d0010449_140389.gif

力作です。
母は、「きゃ♪1人だけ特別!?」なんてドキドキしちゃったんですが、息子は「みんなもらってたよ」とクールなもんでした。
「なんだ、みんなか。。。。」と1人がっかりする母でした。

で、この ”XOXO” って書いてあるの、見えますか?
よく見かける言葉なんですよ。「クソッ、クソッ」って読むのかなぁ??なんてね。(笑)

で、チョコ買うときに店員さんにどんな意味?って聞いてみました。
彼女、若い女の子なんだけど、胸に手をあてて、ウルウルの瞳で
「Loving you heart♪」
って言ってくれたの。でもさ、私にそんなウットリされても~。彼女、しばらくウットリしておりました。どなたか好きな殿ごでもいるんでしょうかねぇ。聞いたこっちが照れました。若いっていいわねぇ。
なんでも、「x」がキス、「O」がハグを意味するそうです。(ハグってのは、挨拶でギュッと抱きしめること)読む時は、たんに「エックスオー、エックスオー」のようです。

しかし、こんな子供までがサインに使うとは、、、、
息子に聞いてみたら、やつも「クソッ、クソッ?」って言っておりました(笑)
[PR]
by sevi_y | 2007-02-17 01:40 | 学校・子供の日常

Science Fair

今週は、結局息子までが風邪が倒れ、友人も次々と風邪に見舞われていますが、私を含めてみんな回復したようです。
ご心配ありがとうございました♪(^^)/


で、元気になったところで、書けなかった記事を書いておきたいと思います。
先週は、息子の通う小学校で Science Fair が行われました。
日本語に訳すと、”理科自由研究発表会”というところです。たぶん(^^;

3年生までは、自由参加だったけど、今回は、4、5年生分の発表会で全員参加。
そう義務です、義務っ!!
だーーーっ!?全員~~!?うひゃーーー(><) (←注:このお知らせを読んだ瞬間の感想です。)

数ヶ月前からテーマを決め、疑問点、予想、手順を決めて、という具合に順次レポートを書き(とは言っても紙一枚で、数行だけどね)を先生に見てもらい、今月に入ってから発表用のボードを貰い、、、
えぇぇ、大変でした。
内容を決め、文章を書き、実験モデルを作り、実験し、パソコンで入力し、印刷もさせ、、、
自分でやったほうがどんなにかラクなことか。。。。(><)

ま、それは置いといて、今年のうちの息子のテーマは、
「Which slider goes fastest? (どの滑り台が一番早いか?)」です。
ルールは、「・スタートとゴールが同じ場所」「・ボールは形サイズが同じ」。
滑り台のデザインも自分で考え、それぞれに名前もつけてありました。

予想では、Straighty(まっすぐ君)(紫)が1位だったんだけど、10回テストした結果は、
1.Smooth(黄1) 2.Bumpy(緑) 3.Straighty(紫) 4.Steepy(黄2) 5.Narrowy(赤)
でありました。
この写真で、見えるかな?1番早かったのが、黄色の一番手前の滑り台です。
意外にも、一番距離の短いStraighty(紫)は、3位なのでした。
みなさん、夏のウォータースライダーでスリルを求める方は、黄色の手前の形ですよー。
この形、なんでもサイクロイド曲線という名前もついているそうです。ジェットコースターのサイクロンって、この名前からきたのかなー?なんて考えていたのは、何もしなかった母でした。(^^;

当日は、夜の7時から8時の間に先生たちに4,5年生とその親達が集まって発表会がありました。
結果は、大人気♪いつも人だかりがして、もう本人はずっと付っきりで、説明(というか実演)をしておりました。
なかには、ずーーーっと離れない子もいたりして。。。(ボール好き仲間だわね。笑)

がんばった成果です。
d0010449_17154391.gif


親は終わって、ほーーっ。でもまだ社会のほうでミッションがあるはずなので、気は抜けないのでありました。。。(^^;
[PR]
by sevi_y | 2007-01-26 17:20 | 学校・子供の日常

トリッカトリ~ト♪(Trick or treat)

d0010449_7202927.gif

今年のジャックオーランタンはこれ。息子が1人で彫りました。小さいカボチャでかわいいです。

ハロウィーンのメインイベントは、もちろんトリーカトリート!

暗くなったらあちこちの家がスタンバイ・オッケー状態で、普段は付けていない明かりを煌々と点けていました。向かいの家なんて、近所からおじいちゃんとおばあちゃんが来て、家の前でイスに座ってスタンバイしてるし。。。。
うちにも何人か来てくれて、近所のかわいい子供たちに「あなただ~れ?」と(わかってるのに)毎回聞いちゃったりして(^^;
しかも、向かいの猫までトリッカトリートしに来たの!
「なぁに~?トリッカトリートしに来たの~?」と聞くと「ニャ~ン♪」
「ごめん~、チョコかキャンディーしかないの~」と言ったら「ニャーン。。。」と帰って行きました。来年は、猫用も必要か?いたずらされたら、どうしよう~?

もちろんうちの子もちゃ~んと行ってきました。
どの子も走る走る。どーしてみんな走りたくなっちゃうんでしょう?(^^;

ぜーんぜん子供のいないストリートもあれば、繁華街のような人だかりのストリートもあり、みんな近所を回っている様子なんだけど、飾りのすごい家周辺をまわっているようでした。
d0010449_7224790.gifd0010449_7232216.gif
d0010449_723276.gifd0010449_7233728.gif

今年の待ってるほうの仮装でビックリは、ケチャップさん。そう、あのホットドッグにつけるように、黄色のとセットで置いてあるアレ。「誰もまだ来ないのよ~、来てくれて嬉しいわ」と言ってました。そうよねぇ、誰も来なかったら悲しいわよね。(^^;
あとはたいてい魔女でした。この写真の魔女の人形の家は、すごーーーく太ったおばさま達だったんだけど、2人とも魔女の扮装なのか、ただエプロンをしただけの普通の格好なのか判別つかず。。。(^^;


もちろん最後は、戦利品の交換会!d0010449_7333666.gif


昼に、クラスメートのお父さんからハッピーハロウィーンって書かれた歯ブラシをもらってきたから、それでちゃんと歯磨きしておくれよ~。

[PR]
by sevi_y | 2006-10-31 22:16 | 学校・子供の日常

ウォーカーソン(Walk-A-Thon)

d0010449_146374.gif
10月のイベントはもうひとつありました。現地校で行われるウォーカーソンです。

これは、子供が校庭をぐーるぐる歩いて、歩いた分の寄付金をスポンサーから集めるというもの。ピーツコーヒーや、ジャンバジュース、近所のお店もスポンサーになってもらうのだけど、寄付金の額によって、看板、お揃いTシャツ(もちろん各自が買う)の背中にお店の名前などランクがあります。コンピュータの会社もあるところがシリコンバレーならではですねぇ。
もちろん子供が歩いた分のスポンサーは親、親戚。
うちは日本の親戚の名前もお借りしました。。。(^^;

今年のテーマはスポーツスペクタキュラー。看板もTシャツもランチカフェもスポーツの絵で統一されてました。Tシャツのデザインは、息子の隣の席の女の子が書いたものです。

↑の写真、校庭の外の方を廻るので、真ん中の芝生は誰もいないの。芝生がきれいです。

朝のうちは寒いし、私も運動しちゃおうっと思って、歩き出したんだけど、子供たちには追いつけませ~ん。いつの間にかいなくなる彼ら。
d0010449_147485.gif


そう、おわかりの方もいるかも。去年と同じような写真ですわ。デジャブー?

でも、この日は、朝からサッカーの試合で1時間がんばった後だったので、さすがに疲れていたらしくあまり走れなかった様子です。だ~らだらお友達としゃべりながら歩き(それが楽しいのかな?)たまに走る、という具合でした。
なので、今年は、去年よりもぐっと少なくって36周。数周ごとにもらえる景品も最後のはもらえませんでした。悔しそうな息子。でもサッカーの後で足が痛かったのをがんばって歩き通したので母としては誉めてあげようと思いました。(たまには誉めないとね。)

カリフォルニアならではの青空が、なんとも気持ちのいい1日でした。


そうそう、今年は、ラッフルくじに当たり、ミセスN先生とランチタイムにゲームをして、アイスをもらえるというのが当たりました♪お友達を3人呼んでいいそうなので、誰にしようか悩み中です。2人はすぐに決まるんだけど、もう1人があっちにもこっちにもカドが建ちそうってことで、息子にとっては、とても深刻な悩みだそうです。。。(^^;)
[PR]
by Sevi_y | 2006-10-30 12:38 | 学校・子供の日常

音が出ました♪

前回の記事のサックス、今日は2回目、楽器を持っての初レッスンでありました。

帰ってきた息子、

「最後まで自分だけ音が出なかった。。。。」
「動かないボタンがあって、先生が『壊れてる』って言った。。。」

と、うなだれておりました。

どうやら、他の子はみんなレッスン中に音が出るようになったようです。
うーーーん、音楽の才能はどっちの家系もゼロだからそりゃ当然だ。可哀想に。。
「君の遺伝子には音楽っていうキーワードはないんだよ」って言ってやろうかと思いましたわ。

しかし、「新品なのに壊れているなんてー!!」ということで、時間のない合間を縫ってお店に駆け込んだところ、輸送中に壊れないようにコルクで止めてあっただけでした。お店の人には笑われちゃいましたよ。先生もちゃんと見てくださいよ~。(^^;;

レッスンでは、クラリネット用のリードを持って来ていた子が、他の子にサックス用を貸してもらったらすぐに音が出たとかで、息子もお店の人に「これは本当にサックス用?クラリネット用じゃない?」と聞いておりました。
ま、でも買ったのは、ちゃんとサックス用。

、、、で、悔しがる息子。

ずーーっと「サックスつまんない。音が出ないと始まらないよねぇ」と凹んでおりました。(そりゃそーだ)
車の中でもずっとマウスピースで練習したりして。
サッカーの練習に行く前にちょっとだけでもと、初心者用楽譜に付属のDVDをテレビで見てみたら、ありましたありました。組み立て方から音の出し方、掃除の仕方まで丁寧に解説してくれてます。

で、そのDVDを見ながらしばらく吹いていたら、出ました出ました♪ 大きな音が♪♪
おぉ~、これぞアルトサックスの響き♪本当に本物のサックスなのね~と感心したりして。

息子は、自分の音の大きさにビックリして、「結構大きな音なんだねぇ。。。」と。(^^)

ほんと、結構響くので、日本では練習に困りそう。。。定番の川原に行かないとだわね。

でも、うちは大丈夫。そんなにくっついて建ってないし、第一ね、周りのどこの家も、しょっちゅうつっかえるピアノだの、音がイマイチ合ってないエレキギターやバイオリン、テンポのずれるドラムだのと、み~んながへたくそな楽器の練習をしているのでお互い様なんです。
ほとんど毎日聞いているから、いつもつっかえる場所をちゃんと弾けたりしたら、拍手してあげたくなっちゃうくらいです。(^^)
今日からは、うちの超単調な”ブぉーーー、ブぉーーーー”も仲間入り。


というわけで、
2回目のレッスンで早くも挫折か?と思いきや、まぁ、なんとか無事に続けられそうです。
みんなが期待してくださっている”サックスも吹けてスポーツもできるかっこいい少年” に向かって一歩前進???
(みんな夢見すぎだってば~(笑))

次の課題は、ポケモンゲームのダイアモンド・パールをやる時間とサックス、サッカーの両立(?)です。あ、お勉強(宿題)も。
[PR]
by sevi_y | 2006-10-12 14:24 | 学校・子供の日常

ゲットだぜーー!

d0010449_12101.gif


勝ちました!!!! 初勝利です♪

ご存知の方も多いと思いますが、うちの息子のサッカーチーム、去年のシーズンも勝ち知らず、、、今年もまさか又?、、、、という状況だったのですが、やーーーっと初勝利をゲットしました!!

ウイニングランの笑顔はピッカピッカでありました。

d0010449_11474225.gif


そして、もうひとつ、、、、(続きを読む)
[PR]
by sevi_y | 2006-10-10 11:59 | 学校・子供の日常

ボランティアとARリスト

今年の学校でのボランティアは、

1.毎週のスペリングテストのマル付け(クラスルーム分)、
2.月一回の学校からのお知らせ作成のお手伝い、
3.ARリストの作成
4.Math Olympiadのヘルプ

の4つ。

そう、今年は、クラスのお手伝いはそんなにないようなので、学校のお手伝いにチャレンジしているの。できる範囲でね。。。(^^)

でも、ARリストのほうは、行ってみたら、新規に入った生徒と、新1年生のリスト作成だけだったので、もう終わっちゃった。これは来年までないので、気楽(^^)

ちなみに、”AR”ってのは、Accelerate Readingの略です。
これは、子供たちのSTARテスト(全米統一テスト)の結果から読書レベルを割り出して、ARポイントを決めるの。そのポイント、3.2とか、4.5とかのポイントごとに推奨図書リストがあって、その中から子供は本を読んでテストを受けて、合格すると次のポイントに進めるというもの。
1のレベルはそれこそ絵本レベルで文字が少ない。キンダーや1年生レベル。そして、2、3、4と進むにつれてだんだん難しくなる。確か10くらいまであったと思う。3年生は、3.1、3.2、という風に進むのが通常のコースのよう。

子供は、ちょうど自分にあったレベルの本を読めるからラクだし、テストに受かって進級するというのは、やりがいがある模様。

とても合理的。



今までも、教室のボランティアもしてはいた。
たとえば、センターって言って、キンダーとかの子達が、いくつかのグループに分かれて作業をするときにそのひとつを受け持ったり。(子供は、絵のグループ、読書のグループ、算数のグループとかに行って、10分したら次のグループに行くの。え、ワタシ?英語の必要なさそうな絵を担当よ。)

1年生2年生の時は、教室で使うプリントや、道具をコピーしたり、切ったり貼ったりとか。
3年生のときは、授業を手伝ったり(ヘルプのはずがヘルプされたりしてました。ええ)、ABCペアレンツ(道徳かな?)っていうのを手伝ったり。

おかげで教室での子供たちの様子や、どんなことをどんな風に習っているのかがよくわかった。(発音のところ、算数の計算方法、本を読んでくれたときとかは、私も教わったようなもんだったわ。)

教室でのボランティアは、主に先生の負担を軽くするということだけど、親が手伝うことによって、”教育に親が関わる”っていう目的もあるんじゃないかと思う。アメリカの学校の成り立ち自体を考えるとそれが自然な姿のようだし。教師、親、地域が子供の教育に関わるっていうのがすごくわかり易い。自覚のない親も自覚を持つようになるのかも。(←ワタシ?)

今回初めて教室外のボランティアをしてみて、本当に学校ってのは”学校だけが運営しているのではない”をいうことを痛切に感じた。PTAがすごい。文句を言うだけじゃなくって、運営側にもなるんだ。たとえば、Math Olympiadクラブ。これは完全にボランティアの親たちが運営しているの。(Lのママがやるって言ってくれなかったら、今年はなかったのよね。)

たくさんあるこの学校のイベントも資金集めにとても役立っている様子。これも全てPTAの運営。これのおかげで遊具も買えるし、コンピュータも体育の先生も音楽の先生にもお金を払える。

それに、毎月の学校からのお知らせやいろいろだって、繁忙期だけでもボランティアが手伝えば、その分人を多く雇う必要がなくなるんだよね。うーん、合理的。

私は、ボランティアしていなかったら、きっと学校や塾に任せっぱなしにしてたと思う。
ARリストだって、子供の読書力が明快にわかって本を選びやすい。
(それに読書するように言う動機にもなる)

どれもこれも、とても合理的だと思う。

そこでひとつ疑問が、、、、
日本はどうなんだろう???
[PR]
by sevi_y | 2006-10-09 04:16 | 学校・子供の日常