タグ:カナダ ( 3 ) タグの人気記事

カナダ合宿!?(バンフ、レイク・ルィーズ)

d0010449_10533129.gif
ご無沙汰してました。
子供の学校がお休みだったので、スキーに行っておりました。
カルガリ空港から2時間ほど車で行くとバンフ国立公園があります。夏はカナディアンロッキー観光で有名ですが、冬はスキー客で賑わいます。私たちは、バンフの街に滞在し、近くのスキー場3箇所を制覇してきました。

そうよ、毎日毎日、スキー、スキー、スキー、プール、スキー、プレイゾーンというハードなスケジュールで、も~~うくたくたです。元気いっぱい9歳ボーイの体力には付いていけませんぜ。。。
「疲れたー」なんぞと言っても騙されてはいかんのよ。
チョコひとつで復活するのだもの。。。(--;

写真は、レイクルイーズ・スキー場のバックボウル。後ろの斜面を滑ってきたところです。
広すぎて、他の人が斜面に立ってるはずなんですが、まるで点です。(黒く見えてるのは岩。)
ここ、めっちゃ広いです。急斜面なうえに岩もあります。はっきり言って崖です。怖いです。
エクストリームスキーのビデオ撮影ができそうです。

うちの9歳ボーイは、こーんな深雪急斜面のバックボウルとか、コブコブのバーンもなんのその、平気でパパについて行っちゃってさ、「お母さーん、遅ーいっ!!」なんぞとノタマウのだ。
「ちょっと待ってて~」って叫んで、ノロノロと滑る悲しい私。。。(涙)
あぁ、一級なんてものを○○年前(2桁が悲しいわね^^;)に頂いたんだけど、もう人に言うのはやめよう。。。
でもさ、上手そうなおじさんが転んでゴ~ロゴロ下まで行っちゃうのを見たり(とりあえず私は転ばなかった♪)、、、他の日本人が、「オレは怪我したくなかったから、やめといたよ」って言ってるのを耳にして、ちょっとホッとしたりして、(とりあえず私は行った♪)
。。。(^^ヾ

しかもさ、そんなところを滑った後だっていうのに、リフトが4時ごろにクローズすると、「まだ滑りたーいっ」なんぞと言ってパタパタとがに股で登っては滑りを繰り返す9歳ボーイ。
(注:そんなやつはカナダには他にいません。)
あきれる体力だ。こっちはくたくたで、もう山を降りてくるのもヘロへロだっちゅーに。
ご飯も作って洗濯もしてやって、プールにも付き合って、超エキスパートコースまで付き合う母ってスゴイかも?と思ってしまうわたしです。
もう体力の限界を痛切に感じます。寝ても復活しません。。。(涙)

なので、今週の私は使い物になりません。
みんなの日記やブログも読み逃げです。すまん。
[PR]
by sevi_y | 2007-02-28 11:02 | アメリカのスキー場

バンクーバー・グランビルアイランド

ここも国立公園ではないのですが、もう一度行ってみたい街、カナダ・バンクーバーです。
d0010449_17232628.jpg
すでに3度ほどスキーの行き帰りなどに訪れているのですが、シーフードはおいしいし、日本食屋さんもある(特に鮭のおすしはお勧め)、気候は夏涼しく、冬暖かく(カナダにしては)、ショッピングするにも安いし、タックスは返ってくるし、公園とかにも緑が多くて気持ち良いし、大好きな海もあるし、といいことずくめです。近くの海には、シャチの生息地があり、シャチの様子を見ることのできるサイトもあります。ORCALIVE
d0010449_17254883.jpg
上の写真は昨年11月に行った時のグランビル・アイランドから見えるバンクーバーです。下の写真はそこのあった焼き栗屋さんの屋台。栗とアーモンドが焼きたてでおいしい♪
スキー場は、ここから2時間ほどバスで行けば、世界的に有名なウィスラー・ブラッコムスキー場があります。海沿いの道を通るので、シャチがいないかな~とずっと眺めてしまいました。

※ちょっとお得情報:カナダのタックスリターン制度を利用するときに、お店にある用紙を使うと業者さんがあいだに入るので手数料がかかりますが、空港で自分でやれば手数料はかかりませ~ん。
[PR]
by sevi_y | 2005-04-18 17:34 | 国立公園・旅行

カナダウィスラースキー場

カナダのウィスラー(Whistler)スキー場に行ったときの写真です。
d0010449_193090.jpg

ここウィスラースキー場は、バンクーバーからバスで2時間と近いうえに北米1の規模を誇り、日本のスキーヤーにも有名です。ほんとに広い!氷河だって滑れちゃう。麓のビレッジも歩行者専用道路があり安心して歩けるうえに、どのお店もおしゃれ。しかも子供専用スキースクールが充実しているのです。専用ゲレンデに専用カーペット(ベルトコンベヤみたいなもの)は当然あり、キッズ専用レストランあり、半日とか1日コースどころか5日間コースというのもあるのです。毎朝8時40分にゴンドラ乗り場集合、3時30分(=スキー場クローズ時間)にお迎え、ランチまで食べてきてくれるので、ほんとに一日中です!最高でした。これで置いていかれることもなくゆっくり滑れて、ゆっくりお茶できる。しかし、なんと一日に300人の子供がいるそうです。キャ~、うちの子はどれ~?
d0010449_1934741.jpg

[PR]
by sevi_y | 2005-04-03 19:06 | アメリカのスキー場