<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

サンシャインできたよっ♪

d0010449_1636856.jpg


とは言っても、表側だけですが。
夏休み前に始めたものの、夏休み中はなーーーんにもできず、その後もなんやかんやとのんびりミシンに向かう時間をとれずにいて、まるで亀のような進み状態だったの。
でも少しずつでもやってれば終わるもんだねぇ。

サイズは、縦が82インチ、つまり2メートルです。横はもうちょっと短かい。

さて、このキルティングはどうしようかなぁ。
またお店に出してやってもらっちゃおうかなぁ、それとも自分でやってみる?と悩み中。
今まで作った中でも一番大きいので自信ないんだ~(><)
でもできそうな気もするし~

なんで悩むかと言うと、この次の作業ってのはね、この布と裏布の間に綿をはさんで縫っちゃう作業なの。
だから、これだけ大きいと重い重い。
厚地のでっかーーいカーテンを縫うと思ってみて。
強力ミシンでもまっすぐ進まないんだな、これが。
まっすぐ縫うべきところはヨロヨロと蛇行し、フリーモーションっていう曲線縫いなんて円を描くべきトコが三角だったりするわけよ。
実用品だから構わないっちゃ構わないんだけどねー。
うーー、悩む。。。。

あ、手で縫うってのはナシ。これは即決。
とりあえず頑張らねば、夏に間に合わない~~~(^^;


*

ところで今日はこのキルトを一緒に作っているお友達たちが集まったので、
ひさーーーしぶりにお菓子を作りました。

栗のケーキだよ。
クリームに栗のペーストを混ぜるだけで美味しいんだよ。
抹茶のスポンジケーキに栗クリームが挟まってて、さらに栗を切ったのがごろごろ。
その上に普通のクリームでデコレーションして栗の切ったのを散らして。

お友達はみんな嬉しそ~うに食べてくれたので、私も嬉しかった~♪
ほとんど全員がおかわりもしてくれて、作った甲斐があったってもんだよ~♪


だってね、私って不器用っちゅーかなんちゅーか、落ち着いて作るってのができないんだ。
「あ、クリームが飛ぶ!(@@)」
「粉が飛び散る~(><)」
「げーー、抹茶足りない~。これじゃ抹茶入ってるのわっかんないだろーなぁ。。。(^^;)」
   .
   .
  (さらに続く)   
   .
という具合なので、終わった後はぐったりなのさ
          ・・・スキーで崖滑ってるほうがラクかも、、、


え?写真見たい?
撮ってる余裕なんてあるわけないじゃーーん(^^;

あ、でも「なぜだか懐かしい味」と思っていたのだけど、
これって”モンブランの味”だよね~
息子に言わせると「栗ンブランだよ」って。
結構美味しかったよ。
見た目は悪いけど。。。(><)


あ~ぁ、お菓子作りも習いに行こうかなぁ。
こんな不器用でも呆れずに教えてくれる先生知りませんか?



<キルトメモ>
  布は、April Cornellのサンシャイン、
  パターンは A Day in the Sunshine を使用。
     ※著作権はModaにあります。
[PR]
by sevi_y | 2008-02-08 16:36 | アメリカンミシンキルト

Keep Tahoe Blue

d0010449_1441624.jpg


写真ブログかと思えるほどに美しい写真の数々をブログに載せていて、ご本人自身も素晴らしく美しいという方たちに誉めて頂いちゃったので、それならば、となんとかも木に登るわけじゃないけど、手持ちの山の写真をアップさせてもらいます。

やはり、私の腕ではありません、、、
私は自然の一瞬の美しさを切り取ってきただけ。


この次の日はひどい吹雪で、スキー場のリフトも止まっちゃったのよ。
ほんと、この美しさも一瞬の夢。

青く美しいレイクタホ。大事にしたいです。

http://keeptahoeblue.org/
[PR]
by sevi_y | 2008-02-05 14:08 | アメリカのスキー場

豆まき

d0010449_1219120.jpg


普段よく日系スーパーに行ってるくせに、いつも節分を忘れてしまっていた私。
やはりちゃんと日本の文化を伝えねば。と、今年は忘れずに豆を買ってきた。

私が鬼の面をかぶり、「いいよー、スタート!」と言うと、
一粒ずつ投げ始める息子。。。。
ちっちゃい指先に、ぷちっと一粒の豆を全力投球(笑)

ん?ちょっと違う、、、(^^;

やおら豆の投げ方から指導。
そうだった。息子が豆まきするのって6年ぶりだったかも。
4歳だったから覚えてないのも無理はない、、、ダメ母である(><)


「鬼はそと~~っ!」「福はうち~~っ!」


大声で豆を投げてスカッとした後は、年の数だけ数えて食べよぅ。

「ひぃ、ふぅ、みぃ、よぉ、、、」
昔ながらの数え方でもしてみようかしらん。
ありゃ、7から先がわからん。ダメダメだねぇ。
文化継承には全く役に立たない母であった。


それぞれが年の数だけ食べたのだけど、
息子はあっという間に食べきって「美味しいねぇ、もっと食べたいなぁぁぁぁ」と、
まだまだ残る私の豆をじっと見るのでありました。

そんなに美味しかったっけ?コレ

さて、晩ご飯は”恵方巻き”ということでのり巻きでも作りましょうかね。
でもこれって関東にはなかったよね?

皆さんも豆まきと恵方巻きやった?
[PR]
by sevi_y | 2008-02-04 11:38 | アメリカ生活