<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

キルティング・イン・ザ・ガーデン 

d0010449_13222043.gif


先日は、キルティング・イン・ザ・ガーデンというキルト・ショーに行ってきました。

『アメリカンな香り満点』のショーでした!
ナーサリー(苗木屋さん)で行われたので、カリフォルニアならではの緑と青い空の下で見たから余計にそう感じたのかもしれません。普通の室内のショーで見るよそ行きの顔をしたキルトとはちがって、普段の生活で使われているような感じの、普通のキルターのおばあちゃんたちが孫娘に作ってあげるような、本当に普通のアメリカの家庭にあるようなキルトでいっぱいでした。
私は、うっとり~~。(*^ー^*)

でも、夫は、「洗濯モノを干してるみたい」と言っておりました。。。まぁ、確かにね。(^^;

詳しく読みたい方はこちらでどーぞ。
 ↓

(続きを読む)
[PR]
by sevi_y | 2006-09-29 13:27 | アメリカンミシンキルト

朝からパンの香りが♪

朝目覚めると、キッチンからパンの焼ける香ばしい香りが充ちてくる。

なんだか幸せの香り♪

良い妻な気分♪♪



でもさ、よく考えると、良妻なのは私じゃなくって、ホームベーカリー(パン焼き機)様なんだよね。。。ははは(^^;)

夜のうちに粉とか入れて、タイマーで朝できあがりにセットするだけ。炊飯器みたいだよ。
こ~んなに簡単に美味しいパンが焼けるなら、もっと早く買えば良かった~。
何年間もアメリカのまずいパンで我慢してたのにー。
まぁ、日本に住んでいたら、美味しいパン買い放題なので、必要なしなんだけどね。
ずっと欲しかったので、この夏の一時帰国で日本から持ち帰ってきたのですよ。

今は、いろんな小麦粉とイースト、塩や材料、それに焼き方を変えて実験中。
気温とかも関係するからなかなか安定しないけど、おもしろい。

今朝は成功した部類。
有名なキングアーサーの粉とサフ(saf)のイースト、スキムミルク、海の精を使用。
午後までふわふわでなかなかヨロシイ。

こないだまでは、ゴールドメダルのブレッド用で、牛乳と卵がマイブームだった。
safでも普通のイーストでも変わらない。
でも、これは焼きたては最高なんだけど、堅くなる。むむむ。(><)

早焼きコースだと、どの粉でも、普通のイーストで美味しくできた。
ラピッドイーストだから発酵時間がちょうどよかったのかな?

グルテンの量も調節してみたけど、キングアーサーは結構グルテン多いみたいで必要ないみたいな感じ。ゴールドメダルのブレッド用とかオールパーパスだったら、あったほうが美味しい気もする。

今週は、塩を普通の海水の塩から、特に美味しい”海の精”にしてみた。
ほんのり甘みが出て、美味しくなった。

・・・気がする。

日本人ママたちにも食べてもらうことにした。
「美味しい♪」の評価に一安心でした♪
よかった、私ったら舌までアメリカナイズされてるかと思ってたよ。(*^^*)


※オマケ

そうそう、食べてもらったうちの一人は、アメリカ人のママなんだけど、ラマダン中(断食中)なので食べられなかった。(日のあるうちは何も食べてはイケナイのだ。)
彼女は、エジプト出身のダンナ様につきあって、そっち系の宗教に宗旨替えしたのだそうだ。
「持ち帰って、日が落ちてから食べる。」と言っていた。
ごめんよ、お腹空いてるのに、目の前でバクバク食べてて~(><)
明日は、彼女の感想が楽しみだ。
でも、きっとお腹ぺこぺこで食べるから、めっちゃ美味しく感じてたりして?
[PR]
by sevi_y | 2006-09-28 14:03 | グルメ!?

アメリカ在住の方へお知らせです。

私の大好きなブログ、”アメリカ極妻日記”(←注;極道じゃなくって、極楽の”極”ね)のごくちまさんによると、
本日より3日後、アメリカ国内の携帯電話の番号全てがっ、さくさくーっと、テレマーケティング会社にリリースされちゃいまーっす。
そして、リリースさりちったら最後っ、あなたの携帯電話にはっ、鬱陶しいセールスの電話てんこ盛りぃ。
ああ、どぎーっ。
」(9/24付け)
とのこと。

つまり、9/27? ・・・って明日じゃん。
こりは一大事なりねっ!!  (←ごくちまさん口調が移った^^;)


なんでかーっていうと、アメリカのセールス電話はすごいのよ。
もー、一日中リンリン鳴って、出るたびにすごい早口、もしくはテープ音声が流れて、ありとあらゆる物を売りつけられるの。
留守電にしてたって、あっという間にメモリーが一杯に。。。。(><)
携帯電話は、受信も払うから、その通話料まで。。。。(><)
ま、英語のヒヤリングの練習にぴったりって手もあるけれどね。

もちろん、アメリカ人だってこれには困ってるのだ。
そして、数年前に(っていつだったか忘れただけなんだけどね)、
”DoNotCallListに登録した人の電話には掛けちゃいけない”って法令ができたのよ。
(つま-り、それ以外は掛けてもいいの。)

もう即座に、私も登録したことは言うまでもありません。
それ以来、(過去4年くらいかな??)うちの電話はセールス電話はほとんどありません。
たまに、掛かってきちゃっても
「この番号はDo not call listに載ってるんですけど!」って言うと
「そーりー、ちゃんと見てなかったのよ、むにゃむにゃむにゃ。。。」という返事で簡単に撃退できます。
なんでも、逆に罰金ものだそうです。
もちろん、引っ越して電話番号が変わるたびに登録する賢いワタクシ。
(え?ヒヤリングの練習?なんのこと?^^)

電話して登録してもいいんだけど、公式サイトでラクラク登録がお勧めです。
家と携帯を全部登録したら、メールがくるのでクリックして確認するだけだったはず。
実際に有効になるまでの間は、ちょっと我慢しててくださいね。
潮が引くように掛かってこなくなりますよー♪

ではでは、そのサイトはコチラから → National Do Not Call Registry
(登録された番号は、5年間有効)
[PR]
by sevi_y | 2006-09-27 02:58 | アメリカ生活

Math Olympiad Club と サッカー

先週から、息子は学校でMath Olympiadというクラブに通うことになった。
4、5年生対対象で、希望者は誰でも入れる。
なんでも算数のコンテストがあるとかで、たぶん”数学オリンピック”と呼ばれているやつだと思う。

で、うちの学校では、放課後、親のボランティアにより、クラスを行うという。
行ってみたら、先生は、前に同じクラスだった子のお母さん。
クラスのメンバーの男の子たちは、知ってる子ばかり。息子の親友くんもいるではないか。
もぅ、息子は大喜び♪
私も、普段よりも1時間お迎えが遅いので大喜び♪♪

詳細は、こちらのサイトにあります。Math Olympiad Club
d0010449_783863.gif


そして週末はサッカー。
今週は、私が見に行かなかったのだけど、暗い顔して帰ってきた。
負けちゃったうえに、ゴーリーだった時に点をとられてしまったらしい。
シュートも決まらなかったとか。。。

でも、ちゃんと敵のボールを止めた証拠写真もありました♪
d0010449_1564914.gif


※左側の黄色が息子です。手前の青いのは味方。

あぁ、また今年も負け続きチームなのかなぁ、と一抹の不安が。。。(><)
[PR]
by sevi_y | 2006-09-26 07:11 | 学校・子供の日常

もう雪だって~!?

コロラドのスキー場から、雪メールが来ました。
驚くなかれ、初雪情報じゃないよ!
『もう滑っちゃったよ~♪』メールよ~!!!???

写真だけそのメールから転載させていただきます。d0010449_1225578.jpg

信じられる~!?
自分の目で確認してみて!

d0010449_12253368.jpg



そうそう、カリフォルニア州レイクタホのスキー場には、まだ雪はまーーったくナイので、早合点して今週末にスキーに行かないように!
[PR]
by sevi_y | 2006-09-23 12:26 | アメリカのスキー場

キルトショーのお知らせです。

最近、シリコンバレーでキルト人気が高まっているようですね。
私が始めた時には、例のアメリカンマップ以外に誰もいなかったので、なんだかビックリです。

さて、キルター、またはキルトに興味がある皆さん、
秋は、各地でキルトショーが目白押しですよ☆
私の知るキルトショー情報です。


9/23、24 モーガンヒル  詳細情報    
 ※モーガンヒルのギルド主催のショー
   行き着けのキルトショップにかかってたキルトに一目ぼれし、
   これのラッフルを買ってしまいました。当たって~。(*^^*)
   ここを見てからギルロイでお買い物が理想のコース?

  
9/23、24 キルティング・イン・ザ・ガーデン 詳細情報
  ※これは外にキルトが飾ってあって圧巻だそうです。
   子供も遊べるので退屈することがないし、うちの先生のお勧めです。
   有名なアレックス・アンダーソンも毎年来るそうですよ。


10/12~15  パシフィック・インターナショナル・キルト・フェスティバル 詳細情報
        場所;サンタクララ・コンベンションセンター
  以前の記事1
  その2
    ※これは、全米第2の規模と言われる大規模なキルトショーです。
      キルトジャパンでも特集されたりするから、お馴染みかな。
      もちろん、ハワイアンや、日本からの出展もあります。
      また、コンテスト作品の展示以外に150のブース出店があるので、
      近所のお店にはないような雑貨・布などにお目にかかれます。    
      例年、チケットは腕のリストバンドになっていて、
      一回購入すると会期中は何回でも出入り自由。
      (シャワーも大丈夫なので、ボロボロになっても外さないように^^)


来年1月くらい(予定) サンタクララ・ギルドのショー

     ※例年、うちの先生たちが作品を出品されてます。
      ラッフル・キルトと共に、一部販売もあり。
      

その他
   私の先生のクラフトセールも11月初旬予定だそうです。
   補習校にチラシを配ると思います。ファンは急げー!!
   (ちょっと宣伝。広告料もらわないと?)


「なかなか進まないくせにー」、とは言わないで。。。
「まずは良いお手本を見るところから」、ということで。(^^)

 
  

  
[PR]
by sevi_y | 2006-09-23 06:15 | アメリカンミシンキルト

今日のエリザベスと、命名:エリザベス・バッグ

d0010449_0501828.gif

今も大きなベッドカバーのようなキルト、エリザベスを作成中です。
人気のパターン作家のエリザベスというパターンを使っているので、みんなエリザベスと呼んでいるのです。
現在出来上がった人3人(先生も含めて)、作成中3人、作成に入ったばかり1人。
そう、たくさんいるでしょ!?
お互いに励ましあって、(というか置いていかれないようにがんばってるというカンジ?^^;)
なので、なんとかめげずに続いているという状況です。

私は今、ピースを並べて配色チェック、柄チェックを終えて、列をつないでいます。
つなげる方向や、縫う場所を間違えないように、一枚一枚にナンバーを振っているの見えるかな?
で、つなげる前にちゃんと確認!
・・・してるつもりが、なぜか間違えて縫っちゃってるワタクシ。
不器用なだけじゃなくおバカだったらしい(^^;
つなぎ目がすごい厚くなっちゃってたりするので、パワーのあるミシンでさえもスタックする。
ミシンで縫いながらも、「ぎぇ~!!!?」などと叫んでしまったり。。。(><)
あぁ、いつ完成するのだか。。。

で、合間に、そのエリザベスメンバーがエリザベスのハギレで作った作品がこちら。
デザイン・著作権は先生です。
d0010449_133514.gif


この布で作るとなんでも素敵に見えてしまうのが不思議。
自分で作った作品を持ち歩くのって照れちゃうんだけど、見たいというお友達がいたので初めて持ち歩いてみたら、会う人みんなに褒めてもらえて嬉しい日でありました。
(もしやみんなお世辞だったりして???^^;)
[PR]
by sevi_y | 2006-09-22 01:01 | アメリカンミシンキルト

サッカーシーズンが始まった♪

なかなか連絡がなくって、やきもきしたサッカーリーグですが、やーーーっと連絡があり、練習もゲームも始まりました。

なかなか連絡がなかったのは、コーチが少なくって、決まらなかったという話。
結局は、事務役の女性が、3チームのメインコーチを引き受けて、この日は3試合会場を行ったり来たりだそう。試合は、サブコーチ(写真のコーチ)がメインとなっていく様子。
コーチは、みんな親のボランティアなので、そういうこともあるらしい。


写真は、試合前にウォーミングアップするチーム員たち。
d0010449_23581088.gif

レクリエーションのチームといえど、静かな緊張と気合が感じられるのだ。
手前のガールズは、チームの中で一番盛り上がっていて、なぜかウォーミングアップにも試合前の練習にも参加。メンバーも何も言わずにボールを蹴ってあげたりと、優しい。
うちの息子は、「ナゼ、こいつらが???」と不思議顔のままだったけど、、、(^^;
もちろん、メンバーの妹たちで、ボーイズの試合には出られない。この後は応援に異常に盛り上がる^^

今回も、前半はゴーリー(ゴールキーパー)で、後半はどこでも行っていいという何とかというポジション。(ミッドフィルダーともちょっと違う、スゥイーティーだか、スィーパーだかという役。大人のサッカーにはそんなポジションはない。)
だから、前半は、ゴーリーとして、すべてのボールを止め、後半は、最初のボールを蹴る役から、デフェンス、シュートまですべてをこなす。
そう、コートの端から端まで行ったりきたり。
しかも、出ずっぱり。見てるだけで疲れる。(^^;

でも、大活躍!!
ゴーリーでは一点も入れさせず、後半は自分でシュートも決めて、一回アシスト!
初めて自分で得点したので、大喜び。しかもチーム初得点!(^^)v
得点した後は、プロ選手のようにみんなで祝福してくれて、もう最高の笑顔♪
結果は、引き分けだったけど、思い出に残る一日でした。
[PR]
by sevi_y | 2006-09-19 23:56 | 学校・子供の日常

バック・トゥ・スクール・ナイト(Back To School Night)

なんだか今月は大忙しで、東に西にと走り回っております。
まずは、この時期あちこちで行われるBack to School Night。
 ※去年の様子はコチラです。→バック・トゥ・スクール・ナイト

例年は、早めの時間なので、子供も学校に連れていっちゃって、校庭で大勢の友達と遊んでいるのだけど、今年は、7時半から8時半までと遅い時間。
1年生とか3年生のクラスは、6時台からのスタートで早いんだけど、4、5年生はその後のスタートなのよねぇ。。。

そう!!なんと、うちの息子は、上級生になってしまったのであーーーる。
アメリカに来たときは、まだ幼稚園の年少さんだったのに、今や上級生ですとー!!??
親の私がびっくり。(@。@)
日本の小学校ではまだまだ低学年の分類なんだけど、現地校は、アメリカで標準的なキンダー(幼稚園年長さん)クラスから5年生までなので、 息子はなんと上から2番目の学年なのですよ。下には、4学年もいるのだ。。。。
一番小さいキンダーの子を見てると、ちーっちゃくって幼くってかわいい。
うちの子もあんなんだったんだなーーー、あーーんなに小さかったんだ。。。と感慨にふけってしまう。

で、話しを戻すと、、、
お知らせの紙をよく読むと、「子供は連れてこないこと。」と書いてある。
えーー、どうしろって言うの?
そして、よーく読むと「当日は希望者には、無料でチャイルドケアサービスが使えます。」
とありました。お、ラッキー♪

そこで、当日は、「知らない子ばっかりだったらイヤだーっ」と、渋る息子を無理やり連れて学校へ。
チャイルドケアの入り口で親友に出会い、コロッと態度が変わる息子。
一瞬で盛り上がってしまい、親にバイバイもせずにすっ飛んで行きおったぜぃ。
(親友くんもそっくり同じことを言っていたらしい。^^)

で、私は、教室へ。

今年の先生は新人の女の先生。でも、もう何年も代理教員だったらしくって、もうベテランの風格。初日に持って帰ってきた自己紹介の紙では、ダンナ様とともにスコットランドの民族衣装キルトを着ていた。
息子の話では、楽しいけど、やることはやらないといけないクラスのようで、なかなかやり手の先生のよう。

親たちの一番の関心は、例年だったら毎日の宿題の量なのだけど、今日の親たちの関心は違う。

なんとこの先生は、新人なだけじゃなく、妊婦なのだ。

学期のど真ん中で産休をとるか、やめちゃうのだろうけど、大事な時期に先生がいないと困る。どの親も今いち表情が硬い。

例年なら、先生がずーーーっと、しゃべり続けるこの時間。(彼らは1時間くらい平気でしゃべる。)

この先生は、いきなり、
「何か質問は、ありますか?」
と来た。むむむ、やるな。(^^;

親たちに緊張が走る。みんなで顔を見合わせてしまった。言葉はいらない。「誰が聞く??」だ。
一人のお父さんが聞いてくれた。

すると先生ニッコリ笑って、「そう、私は見たとおり妊娠してます。もう○ヶ月。」
とポッコリお腹を見せる。
「もう3人目の子で慣れてるから、産んだらすぐに学校に戻るわ。」
と、先生が言ったとたんに、親たちにすーーーっと安心感が広がるのが私にもわかった。
3週間だけ休んですぐに復帰するそうだ。
ちなみに、上のお子さんたちはもう大きくて、2人とも小学生だそう。(しかも同じ学校)

しかしさ、日本人の私としては、「エー、たったそんだけで復帰できちゃうわけ?ホントに戻れるのー?」と思うんだけど、他の親はそれを聞いてすっかり安心しちゃった様子なのよ。
うーーーん、平気なもんなのか!?

確かに、こっちは無痛分娩で母親の体力消耗が少ないようだし、産まれてすぐの子をスーパーとか、上の子の送り迎えに連れ出してるよなぁ。子供を産んで数日というお母さんたちが元気なのよ。
日本だったら子供産むのってすっごい大変で、母たちはみんなボロボロのヨーレヨレだけどなぁ。
だから、もうすぐ出産ってわかってたら担任をはずしてたと思うんだけどなぁ。
無痛分娩がいいのか、体力があるのか、、、、???
恐るべし、アメリカ。

その後は、先生は一切説明せず、クイズ形式で進む。
縦の列が「カリキュラム、宿題、、、」とかのカテゴリで、それぞれに「100、200、300」と書いたポケットの中から問題が出てきて、当てた親には、お菓子(Jolly Rancher)がもらえるのだ。
最初に配られた用紙にすべて書かれているので、早く読んじゃった親が答えていく。

問題は、こんな感じ。
「算数のテキストは何を使う?」「宿題の量は?」「社会で何を扱うか?」「読書力をつけるには?」などなど。。
正解した親が次のポケットを決めるのだ。
こりゃ、見慣れたクイズ番組だよねぇ。(^^)

しかし、なんだかすごい盛り上がり。
みんなすっかりリラックスムードになっちゃった。先生やるなぁ。
(それにしても、早く英語が読める人がうらやましい。)

そうそう、クラスのボランティアもここでサインナップする。
私は迷いに迷って、(だって一番英語を使わない、コピーとか用紙の係りがすでに埋まっていたのだもーん。ピンチ!(><))
毎週ある予定のスペリングテスト(単語の綴りテスト)の採点係にした。
(日本の毎週ある漢字テストみたいなもんで、週の初めに単語リストを渡されて、金曜にテストするのだ。先生が問題の単語を読み上げて意味も言ったりするので、子供はその単語を書くの。)
仲良しママから、「一緒にArtの手伝いしようよ、助けてあげるわよ。」という、ありがたーいお言葉もあったけど、やはり経験上、めっちゃ苦労して疲れるのがわかってるので、遠慮することに。

なので、毎週金曜日は、子供たちの宿題がないかわりに、息子が私の宿題を持って帰ってくることになった。

息子を迎えに行く時には、校庭は真っ暗でぽつんとチャイルドケアの教室から漏れてくる明かり。
明るい教室の中、小さい子はほとんどいなくなっていて、大きい子達には、先生が本を読んでくれていた。見回すと、その大きい子たちの集団の中、たくさんのお友達とくっついて、息子は嬉しそうに座り込んでいた。
そうか、やっぱり大きい子のグループなんだということにちょっと驚き、
「お母さん早いよー、もう迎えに来たのー?」という息子に、ちょっと安堵した私でありました。

いつまでも小さくて頼りないと思っているのは、ハハだけなのだね。
2重の安心の日でありました。
[PR]
by sevi_y | 2006-09-19 03:29 | 学校・子供の日常

試しにやってみた♪どう???

自分のオリジナルのキルトをパソコンで作れるソフト、その名も Electric Quilt 5 (EQ5)
インストールしたので、試しにデザインしてみました。
クリスマスにどうかな?

もちろんエリザベス終わってからね。(^^;

d0010449_15534446.gif


[PR]
by sevi_y | 2006-09-13 15:50 | アメリカンミシンキルト