カナダ合宿!?(バンフ、レイク・ルィーズ)

d0010449_10533129.gif
ご無沙汰してました。
子供の学校がお休みだったので、スキーに行っておりました。
カルガリ空港から2時間ほど車で行くとバンフ国立公園があります。夏はカナディアンロッキー観光で有名ですが、冬はスキー客で賑わいます。私たちは、バンフの街に滞在し、近くのスキー場3箇所を制覇してきました。

そうよ、毎日毎日、スキー、スキー、スキー、プール、スキー、プレイゾーンというハードなスケジュールで、も~~うくたくたです。元気いっぱい9歳ボーイの体力には付いていけませんぜ。。。
「疲れたー」なんぞと言っても騙されてはいかんのよ。
チョコひとつで復活するのだもの。。。(--;

写真は、レイクルイーズ・スキー場のバックボウル。後ろの斜面を滑ってきたところです。
広すぎて、他の人が斜面に立ってるはずなんですが、まるで点です。(黒く見えてるのは岩。)
ここ、めっちゃ広いです。急斜面なうえに岩もあります。はっきり言って崖です。怖いです。
エクストリームスキーのビデオ撮影ができそうです。

うちの9歳ボーイは、こーんな深雪急斜面のバックボウルとか、コブコブのバーンもなんのその、平気でパパについて行っちゃってさ、「お母さーん、遅ーいっ!!」なんぞとノタマウのだ。
「ちょっと待ってて~」って叫んで、ノロノロと滑る悲しい私。。。(涙)
あぁ、一級なんてものを○○年前(2桁が悲しいわね^^;)に頂いたんだけど、もう人に言うのはやめよう。。。
でもさ、上手そうなおじさんが転んでゴ~ロゴロ下まで行っちゃうのを見たり(とりあえず私は転ばなかった♪)、、、他の日本人が、「オレは怪我したくなかったから、やめといたよ」って言ってるのを耳にして、ちょっとホッとしたりして、(とりあえず私は行った♪)
。。。(^^ヾ

しかもさ、そんなところを滑った後だっていうのに、リフトが4時ごろにクローズすると、「まだ滑りたーいっ」なんぞと言ってパタパタとがに股で登っては滑りを繰り返す9歳ボーイ。
(注:そんなやつはカナダには他にいません。)
あきれる体力だ。こっちはくたくたで、もう山を降りてくるのもヘロへロだっちゅーに。
ご飯も作って洗濯もしてやって、プールにも付き合って、超エキスパートコースまで付き合う母ってスゴイかも?と思ってしまうわたしです。
もう体力の限界を痛切に感じます。寝ても復活しません。。。(涙)

なので、今週の私は使い物になりません。
みんなの日記やブログも読み逃げです。すまん。
[PR]
by sevi_y | 2007-02-28 11:02 | アメリカのスキー場
<< 年度末ですね。 アメリカのバレンタイン XOXO >>