またもや。。。

d0010449_2591782.jpg

またまた不運が~!
今度は、うちの下水が詰まってしまったのです~(><)

アメリカではよくあることで、プランマーと呼ばれる修理屋さんの車を毎日のようにあっちこっちで見かけますが、自分の家となると、これまた大変。




洗濯をしていたら、バスルームからゴボゴボとアヤシイ音が!!
見ると、トイレではゴボゴボと音が出て、お風呂の排水溝からは逆流して洗濯の排水らしきものが溜まってる!(←小石とか綿ボコリとか。)
ガレージに置いてある洗濯機を見ると、排水溝から水が溢れて、ガレージには小川が出現!!!

大家さんも急いで来てくれて、慌ててプランマー(水道修理屋さん)を呼ぶ。
前にも同じようなことがあって、その時はプランマーが来たらすぐに直ったので今回もすぐに直るだろう、とホッとする。でも、その後が大変だったのだ。

プランマーが60分以内で来るという約束どおり、40分くらいで来てくれたのはラッキーだった。(注:アメリカではこういうことはラッキーな部類に入るのよ。)

子供の学校のお迎えも、お友達に行ってもらえたのも有難い。(ありがとう>エリさん)あぁ、良いお友達に恵まれてヨカッタ。

治るまで2~3時間かかると言われ、プランマーさんは2つあるトイレを両方ともはずし、そこから作業開始。でも、2時間は長いなぁ。
   ・
   ・
2時間後。
プランマーさん、「フー、フー」と汗をかきつつ、ゴ~リゴリと大きなワイアーでもくもくと作業。まだ直んないのかなぁ。
   ・
   ・
   ・
   ・
そして、3時間後。
まだ、直る気配がない。
   ・
   ・
そして、プランマーさんがもごもごと何事か言う。
え、なんと仰いました???
今、「自分ひとりではできないので、応援を呼ぶ」と聞こえた気がするゾ。
え~!?まだ直らないの~(><)

息子も塾からお腹ぺこぺこで帰ってくるし、夕食はどーしよ!?なによりもトイレ使えないのは困る~(コレ、けっこう切実^^;)今晩はホテルにでも泊まるの!?ひぇ~(><)

大家さんがまた来てくれたので、お留守番して頂いて息子を迎えに行き、そこでトイレもお借りする。ついでにマクドナルドで食べてとりあえずなんとかなった。

家に帰ると息子は「ただいま~」大家さんが「お帰り~」と。。。
ン?なんかヘンよね。(注:大家さんは日本人なので、日本語デス。)
息子はバスルームのトイレが外れている様子を見て大興奮。(^^;)

プランマーさんがまた作業を開始したので、息子は宿題をし、大家さんとともにひたすら待つこと1時間。

そこにプランマーさんが現れ、勝ち誇ったように
「We can use the bathroom!!」(トイレ使えるようになりました!)
思わず拍手しそうになりましたヨ。(してあげたほうがヨカッタか?)
すでに夜8時すぎ。なんとプランマーさん5時間以上の作業でありました。

あ~、直ってヨカッタ。
しかし、ここまで不運が続くと開き直っちゃうよねぇ。
[PR]
by sevi_y | 2006-02-04 02:39 | アメリカ生活
<< サンプラーキルト 途中経過 テニス再開♪♪ >>