カンファレンス

今週は、カンファレンス(個人面談)ウィークということで、学校の帰りが1時間早い。お迎えに行かなくてはいけない母としては、慌しい上に(カリフォルニアでは、12歳以下の子供だけで留守番したり、道を歩いていてはいけないので、送り迎えが必要なのです。)、放課後に2時間、校庭で遊ぶのにつきあわねばならぬので、体力がもたない。夜は息子よりも先に爆睡してしまっていた(><)。

(息子は、その間、1人でDVDのスターウォーズシリーズを鑑賞していたらしい。やけにストーリーに詳しくなっていた。。。)


しかも、個人面談では、先生と1対1である。(当然だけど。。。^^;)

20分間、英語で会話しなくてはならないのダ。
だいぶ慣れたとはいえ、ツライことこの上ない。

しかも、この先生、男の先生なのに、話し好きのようで、ほとんどず~っと早口で喋りっぱなし。男性特有のはっきり口を開けない発音で、ババババババッと休むスキを与えてくれない。途中のジョークも理解するのが大変。しかも、所定の20分で終わらない。。。(><)

あ~、頭が爆発するかと思った。
1年分の英語を聞いちゃった気がするヨ~(^^;)
毎日、この先生の話を聞いていると思うと、息子を尊敬してしまいました。

終わった後、同じクラスのママ達も同じことを言っていた。
韓国人ママによる、先生のモノマネに大ウケしてしまったママたちでありました。なんだ~、みんな同じこと思うのネ、とちょっと安心した私です。
[PR]
by sevi_y | 2005-11-18 17:40 | 学校・子供の日常
<< アーリーバード・セール サンプラー・キルトへの道 その1 >>