ゾンビPC

みなさん、”ゾンビPC”って言葉、知ってますか?

いえ、別にハロウィーンだからってわけではないんですが、マイクロソフトがおもしろい実験をしたそうです。

ウィルスはご存知ですよね?
そのウイルスに感染したPCが、誰も使ってないのに、遠隔操作で勝手に操られ、多量の迷惑メールを発信したりすることを、”ゾンビPC”と呼んでいます。
かいつまんで、そのニュースをご紹介すると、試しにゾンビPCを作って(もちろん隔離して)3週間監視したところ、なんと1万8000通を越える迷惑メールを発信したそう。多数の業者からの遠隔操作によるものらしい。実験開始後すぐに遠隔操作が始まったとか。

あぁ、恐ろしい。。。(><)
自分のPCが勝手に操作されて、他人に迷惑をかけてるなんて。。。

確かにアメリカで常時接続を始めて、ファイアウォールで監視していたら(暇だったので)、接続した直後から数秒ごとに、猛然とアタックが開始されました。「え、もう?」って感じ。そのときのファイアウォールが地図上でどこからの攻撃かわかるものだったので、おもしろくて見てたんですが、あまりにも多いのですぐに飽きました。もし、自分のPCがウィルスに感染していて、その攻撃を許していたらと思うとゾッとします。

それに、ただ迷惑メールを送るだけじゃないんですよ。
その迷惑メールを何台ものPCで遠隔操作で操って、1台のPC(サーバー)を攻撃することもあるんだから。よく有名なサイトが攻撃されてダウンするでしょう? アレです。
普通、メールやサイトアクセスは、このくらいの量って推測できるから、その量にあわせてサーバーを用意するものです。メールやWebサーバーにスーパーコンピュータを使ってるとこなんてありませんよ。そこに大量のメールやアクセスを送りつけたら、大渋滞が起こるようなもので、ダウンしちゃうのも当然ですよね。
そんなことに、自分のメルアドやIPアドレスを使われちゃうんだよぉ。。。
もちろん、誰のPCから発信されているのか、警察が調べればすぐ分かるんですヨ。だから、悪いやつは他人のPCを使うんですね。

主な対策は、
 ・ウィルスソフトのアップデートをちゃんとする。
  (ファイアウォールも使おう)
 ・マイクロソフトの自動アップデート(MicrosftUpdate)で最新パッチを当てる。特にWindowsXPはSP2にする。
だそうです。

「ウィルス対策ソフトは動いているから大丈夫~」って方も、このふたつの更新をちゃんとしないと役に立たないから、気をつけてね!
(人によっては、そのパッチ配布も遅すぎるって言うし。。。)

そういう私も最近してないかも。(ファイアウォールはばっちりです)
 
PCの個人情報(カード番号とかパスワードとか)を盗むのもあるし、どんな言葉(パスワード)を入力しているのか見ているやつもいる。他人のPCの画面もわかるんだってよ。(スパイウエアってのもある)。あぁ、気をつけよう。

この「パッチを当てる」って言葉。
コンピュータの世界では、「不具合が見つかったプログラムのパーツを最新に入れ替える」って意味なんですけど、、、
い~っつも、「バンソウコウを当てる」と聞こえて、会社の大型コンピュータ(私の背よりでかいやつ)にキティちゃんのバンドエイドなど貼っているイメージを想像してた私です。(^^;)

d0010449_362599.jpgみなさ~ん、自分の可愛いPCちゃんを、ゾンビにしないようにバンソーコーを貼ってあげましょうねぇ。(*^^*)


詳細はコチラをご覧下さい。↓
ヤフーニュース(米国のスパム対策)
ゾンビPCって何?その特徴と対策
[PR]
by sevi_y | 2005-10-29 02:11 | パソコン・ネット
<< サッカー&ジャック・オー・ランタン 芸能人占い >>