ペーパーピーシング(PaperPiecing)

今週のキルトレッスンでは、新ワザを教わってきました。
d0010449_4152462.gif

な~んと”型紙ごと”ミシンで縫っちゃうのです!!(@0@)

実は、私がアメリカでキルトを習ってみようと思ったきっかけが、このワザなんです。ある日、毎朝見ていたガーデニング番組の後もケーブルテレビのチャンネルをつけっぱなしにしていたら、次のキルト番組でこの方法が紹介されていました。





ほ~んと、目からウロコがボ~ロボロ落ちましたよ。もう画面に釘付けになりました。だって、布は適当な大きさに切って、型紙にくっつけてマチ針したら、ガーってミシンで縫っちゃうの。信じられる~!?布に線なんて引きません!紙だって、コピーしてそのまま使っちゃってもイイとまで言うんです!
(注:トレーシングペーパーのほうがやりやすいと、番組でも私の先生も言ってましたが^^)

今週はこのワザを教えてもらうことになって、私はワクワク♪
だって、テレビ観てても、サ~ッパリわかんなかったんですもん^^;
家に帰ってからも、覚えているうちに、と練習してみました。

d0010449_4154495.gif縫ってるときの紙の裏側はこんな感じ。
こっちが布の表になります。
何回も布の表裏を間違えました^^;

d0010449_41655.gifピースができました♪
う、ちょ~っと可愛すぎ?(^^;)
d0010449_4162075.gif4つくっつけたら、型紙をはずします。息子が喜んでやってくれました。確かに、ペリペリ~ってミシン目で破けるので、楽しい♪
ボーダーと呼ばれる周囲を囲む布をつけたら、、、
d0010449_416332.gif裏布とのあいだにコットンをはさんで、キルティング。
え、しつけ?しませんよ~。(してもいいけど)
スプレーのりでくっつけたら、安全ピンで端っこだけ止めま~す。

完成♪
d0010449_4165899.gif



ここまで数時間。すっごく合理的です。他にも目からウロコが落ちるワザはイロイロあるので、キルトってオモシロ~イの。
え、私が器用だと思ってる?ノンノン!高校の家庭科でブラウスを縫った経験しかありませーん。日本のパッチワークは本を見ただけであきらめました。そんな私に”も”できるのがアメリカンキルトなのですよ。どんどん工夫してきたアメリカンキルターに感謝なのです。
[PR]
by sevi_y | 2005-10-22 23:13 | アメリカンミシンキルト
<< 息子のマイブーム のんびりデー(Staff De... >>