英語で暮らすって

アメリカで暮らし始めて4年目になった。当然、日本の友人家族には「英語ぺラぺラになったでしょ?」と言われる。「もっちろんよ~☆」と返答したいのは山々だが、現実には並々ならぬ苦労がある。
渡米してすぐの頃、息子と2人でスーパーに買い物に行ったときのこと。まず野菜をゲットした後は、ドレッシングを探した。どれがドレッシング?わからないのであ~る。一生懸命表示を読むが、いかんせん英語が早く読めない。1本ずつ手にとって読んでいる怪しい人である。不安いっぱいの息子にせかされながらも、やっとそれらしきビンを見つけてレジに行く。何か言われる。わからないのだ。これでも学生時代は英語の成績はよかった。しかし、読むのが遅いうえに言われていることがさっぱりわからない。後日、「ビニール袋にするか?紙袋にするか?」という意味の「プラorペーパー?」と言われたのだと知った。その後早口で何か言われる。これも後で知ったが「外に荷物運ぶ手伝いはいるか?」だった。何度言ってもらってもサッパリわからない。わからないので「Noサンキュー」と言っておいた。万事がこの調子である。
その頃に比べれば、まだマシになったと思う。しかし、息子のお友達なんて、私が名前を呼んでもさっぱりわかってくれない。「誰を呼んでるの?」って本人に聞かれたりする☆
息子も英語には苦労している。幼稚園からこちらにいるので、日本語を忘れてしまったこともあった。英語ができるから日本語を忘れたわけではない。両方しゃべれなくなったのだ。彼はすごくがんばってると思う。言葉の問題だけでなく強気なクラスメイトに囲まれて毎日苦労している。しかも日本語でも英語でも宿題がたくさん出る。日本にいるときの倍以上は勉強していると思う。毎日が宿題中心で回っているといっても過言ではない。。。
人によっては苦労の量がもっと少ないかもしれない。親子ともにお友達に助けられてここまできたとほんとに思う。みんなありがとう☆
[PR]
by sevi_y | 2005-04-03 02:51 | アメリカ生活
<< Sierra at Tahoe... Japanese Restau... >>